林定期能のメンバー紹介

プロフィール

河村 晴道 (かわむら はるみち) 
能楽師 観世流シテ方
昭和35年生 京都市出身
同志社大学文学部文化学科文化史学専攻卒業
父 河村晴夫 伯父 河村禎二 叔父 河村隆司 および 13世林喜右衛門に師事
今までに「石橋」・「乱」・「道成寺」・「清経恋之音取」・「砧」等を披く
能楽協会、日本能楽会会員。 京都観世会理事。 京都能楽会理事。
同志社女子大学嘱託講師。 
河村 晴道

公演・講座案内
二星の会(河村晴道 能の会)  公演未定
青嵐会(河村晴道社中の素人会) 京都、府中、熱海、網野、徳島、広島にて主宰
大津市伝統芸能会館主催の「能オンステージ」「新春さざなみ能」を隔年で企画、担当
京都芸術センター主催の素謡の会「木謡日の世阿弥」「源氏の恋模謡」「寧楽逍謡」の企画担当
同志社女子大学嘱託講師として「京都の文化」の講義を20年近く行っている
徳島能楽鑑賞会の主任講師として、講演、演能会を10数年行う
「河村晴道講話会」(京都)、「能を楽しむ会」(東京)など、各地で講演会を開催。 

稽古場案内

河村能舞台…月2回 午前11:00~午後9:30
府中(府中駅前ライオンズマンションコミュニティルーム)…月2回 午前9:00~午後10:00 
熱海(総合福祉センター)…月2回 午前10:00~午後4:00
徳島(昭和コミュニティセンター)…月2回 午前9:00~午後8:30
広島(広島駅前集会所)…月1回 午前11:00~午後8:30
網野(場所不定)…月1回 午後12:30~午後5:00 

一言コメント

能を現代に生きる演劇として捉え、人間存在に関る普遍的主題を求めて能を演じてまいります。

林定期能(林定期能楽会) 606-8414 京都市左京区浄土寺真如町24-22 TEL 075-751-8158