林定期能のメンバー紹介

プロフィール

河村 晴久(かわむら はるひさ)
昭和31年生。京都市出身。同志社大学大学院文学研究科修了。
父河村晴夫、伯父河村禎二、叔父河村隆司、および13世林喜右衛門に師事。今までに「猩々乱」「石橋」「道成寺」「安宅勧進帳」「屋島弓流」等を披く。
日本能楽会会員。重要無形文化財「能楽」総合認定保持者。能楽協会京都支部常議員、教育特別委員会委員。株式会社能楽舎代表取締役。同志社大学嘱託講師、近畿大学・京都光華女子大学非常勤講師、佛教大学四条センター講師。
河村 晴久
平成17年度文化庁文化交流使(アメリカに一月半滞在しハーバード大学などで活動)
演能のほか、大学での授業、講演、海外での講演活動も多い。平成6年のワシントンでの公演を始め、平成20年にはパリのユネスコ本部で講演、公演するなど、海外での英語による公演は40回を越える。『対訳で楽しむ謡本』(檜書店刊)解説等執筆中。

個人ホームページ  http://www.nohgakusha.com/

公演・講座案内
能楽舎公演     公演日未定
青嵐会(河村晴久社中の会)京都、東京、綾部、芦屋、飯塚にて主宰 毎年春に河村能舞台にて青嵐会、11月23日に学園能を開催

佛教大学四条センター 能へのいざない 
8月10、9月14、10月12日、11月9日、12月14、1月11日、2月8日、3月8日 
問合せ 佛教大学四条センター 電話075-231-8004 
http://www.bukkyo-u.ac.jp/BUSEC/lecture/course/now/kyouyou_bungaku/p10.html

能楽学会世阿弥忌セミナー 
世阿弥の女能 井筒の世界 一演者の視点から
8月8日(日)
問合せ http://nohgakugakkai.cside.com/100808program.html

神戸市老眼大学 9月10日(金) 神戸文化ホール 
問合せ先 神戸市生涯学習支援センター 電話078-251-4731

滋賀県立近代美術館 白洲正子生誕100年特別展 ワークショップ 能面の話
10月23日(土) 問合せ先 滋賀県立美術館 電話077-543-2111
http://www.shiga-kinbi.jp/

立命館大学 日本文化の奔流 平成21年6月24日 
テーマ:能の世界 動画でご覧になれます。
まず下記を入力し、左側前期11回の1から順にクリックして下さい
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/lt/archives/news/yomiuri/nihonbunka09/kakukou.html

稽古場案内

自宅…月2回、河村能舞台…毎週月曜日、福岡県飯塚市…月2回、兵庫県芦屋市…月2回、京都府綾部市…月2回、東京都港区・千代田区…月2回、大阪府立大学…月2回、
京都府立大学…不定、京都光華女子大学…不定 

一言コメント

六百年を越える命を持つ能を、現代の方々にも感動していただけるよう体現したいと、舞台で舞うことに励んでおります。また初心の方、海外の方にも、その本質を感じていただけるよう、観客の視点に立った解説を心がけています。

林定期能(林定期能楽会) 606-8414 京都市左京区浄土寺真如町24-22 TEL 075-751-8158