林定期能の歴史

林家初代の喜右衛門は寛永11(1634)年7月20日没、三世喜右衛門は寛文5年(1665)生まれとされ、以後京都における謡指南の京観世五軒家の一つとして、能の世界で重きをなし、多くの門人を擁する。

大正9年(1920)2月
十一世喜右衛門幽玄、京都市下京区新町高辻上るの自宅に舞台建設
大正9年(1920)5月15日
林舞台にて林定期能発会 以後定期公演を続ける
昭和5年(1930)3月
京都市右京区御室の自宅に舞台建設
昭和33年(1958)
京都観世会館竣工により、会場を京都観世会館に移し公演
平成22年(2010)
林定期能90周年を迎える
林家の歴史(パンフレットより)
上の画像をクリックすると拡大が見られます。(別ウインドウ表示)

林定期能 公演のお知らせ

フォトライブラリー
チケットのご購入
観世会館アクセス

林定期能(林定期能楽会) 606-8414 京都市左京区浄土寺真如町24-22 TEL 075-751-8158